24時間ライト断食の実験 2 コンビニスムージーに変更

ローソンのスムージー

リモートワークが断続的に続くなか、出社時の断食トライ2回目に臨みました。

前回は、抜歯ダメージ時にゼリー飲料でつないだ経験に基づき、食事をゼリー飲料に置き換えました。口に入れたゼリー飲料は4パックでしたが、空腹に困ることはなく、前の晩の夕食以降、当日の夕食まで約24時間のライト断食をクリアすることができました。

その後、「プチ断食」というキーワードで調べたところ、「プチ断食」の目的は「胃腸を休めること」が第一のようで、そのために「消化の負担のあるものを口にしない」また「自然由来のものだけを摂る」というものだったようです。

1回目のトライは「胃腸を休めること」を「消化の負担のあるものを口にしない」ことはできましたが、合成物であるゼリー飲料では「自然由来のものだけを摂る」を達成できていませんでした。そこで2回目は、ゼリー飲料「プチ断食」の定番、スムージーに置き換えることにしました。

とはいえ、スムージーをジューサーで作ることを出社時にはできないため、お手軽なコンビニで販売されているスムージーを取り入れることにし、今回は添加物がないと評価の高いローソン限定の「グリーンスムージー」を購入しました。

ローソンのナチュラルローソンスムージーシリーズ2種

内容量として1個200gということで、少ないことが不安でゼリー飲料も合わせて購入しましたが、いつもより水分を多めにとるようにし、朝、晩はこれで乗り切れました。

2種ありますが、味、食感、満足度で違いは特に感じませんでした。ONE DAYがスペック的に強力ですので、野菜不足が気になる場合はONE DAY一択かもしれません。

グリーンスムージー ONE DAY 税込み188円

350g分(1日分)の野菜使用※。ケールや長命草をはじめ12種の野菜にりんご、レモン、キウイを合わせ、アガベシロップを使用して、やさしい味わいに仕上げました。※1日当りの摂取量の目標350g以上 (厚生労働省「健康日本21」より)

ローソン標準価格188円(税込)

カロリー200g当り102kcal

NL グリーンスムージーONEDAY 200g|ローソン公式サイト (lawson.co.jp)

「グリーンスムージー ONE DAY」は1本で1日分の野菜が取れるハイスペックスムージーです。その分なのか、お値段が20円高く設定されています。また、リュウゼツラン科アガベ属ブルーアガベ(学術名BLUE WEBER TEQUILANA)から摂れるシロップで甘味を整えています。

グリーンスムージー Green Smoothie 税込み168円

野菜118g分(1食分)使用※。ケールや長命草をはじめ12種の野菜をりんごとレモンで飲みやすく仕上げました。※1日当りの摂取量の目標350g以上(厚生労働省「健康日本21」より)

ローソン標準価格 168円(税込)

カロリー 200g当り78kcal

NL グリーンスムージー 200g|ローソン公式サイト (lawson.co.jp)

「グリーンスムージー Green Smoothie」は1本で一食分の野菜を取れることを謳うスムージーです。甘みはりんごとレモンで仕上げているそうです。

飲みやすいのは「グリーンスムージー ONE DAY」

食感、味はどんなものかというと、食感はドロッとした野菜ジュースという感じ。しかし人工甘味料を使っていないにも関わらず、いずれも野菜の甘味が強くでているのでびっくりです。さらに「グリーンスムージー ONE DAY」はアガベシロップで甘味づけをしているとのことで大変飲みやすいです。

実験2回目の結果:夕方空腹感に襲われる

朝昼1本ずつ、計2本をいただきました。昼過ぎまで順調でしたが、夕方4時過ぎから無性にお腹が空いてきました。ちょっと辛かったかもです。帰宅時の電車の中では無性に喉が乾き、2リットル近くの水を日中摂取していましたが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました