無印良品 太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ 990円

今年4枚目となる無印良品「太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ」を買いました。。2021年4月に発表された「ずっと、 見直し。 ずっと、 良い値。 」のキャッチコピーで展開した価格改定で500円近く値下げがされ、買い易くなった商品でもあります。※衣料品・生活雑貨の価格改定 「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」実施のお知らせ発表資料

リピート買いをする訳

左胸のポケット

シルエットがきれい

なによりTシャツとしてのシルエットがきれいです。まぁ、これは好みや流行りもあるかもですが、丈は程よく、オジさんのTシャツでありがちなだらしない印象はありません。

身長175cm、Lサイズ着用

透けない

さらに無用に透けることがなく、地肌に着ても支障がない。10年近くAmazonでリピ買いしてきたUnaited Athleの厚手の「7.1オンスTシャツ」シリーズから完全に選手交代となりました。「7.1オンスTシャツ」シリーズは若干厚すぎて真夏はTシャツの中がかなり蒸れていたのですが、太番手天竺編みはそれよりも薄手なのが良いです。

便利な胸ポケット

そして、最大の決め手は胸ポケット。コロナ禍でマスクの着用機会が増える中、ちょっと外した際に置き場に困るマスクを収めるのに便利なポケットです。同じくちょっと外したメガネの置き場にもなる使い勝手の良さが光るひと工夫のあるTシャツです。

ポケットの最も深いところで105mm。

ポケットの最も深いところで105mm。くさび型なのでA4の紙を3つ折したA7サイズ(74 mm x 105 mm)のメモは頭を出します。

細部を見てみると

タグ類はなし

製品はベトナム製。品質表示などのタグはないのがうれしいです。肌に直接触れる部分にタグがあると気になると言えば気になるから。なお、必要情報は背面内側首の下あたりに印刷されています。

長期使用による劣化

洗濯のダメージ

現在、オフ白、グレー、ベージュの3色を持っていますが、洗濯後の乾きが濃色であるベージュが悪いように感じています。6月の梅雨時、曇りないしは部屋干し時の印象です。

洗濯を重ねると生地表面に毛羽立ちが生じ、ゴワゴワした印象になってきます。丈夫ですが、長く着た場合、風合いの違いには留意が必要です。

経年劣化(4ヶ月目と2ヶ月目)

首周り(左:4ヶ月目、右:2ヶ月目)

写真を見て頂いた通り、長く着たものは首周りのヘタリは顕著です。長く着たものは4ヶ月目、約50回の洗濯をくぐり抜けてきた勇者です。首周りのほか腰回りのヘタリも目に見えてわかり、こうなるとシルエットにも影響が出るので、現役は引退させ、寝巻きとしての余生を過ごしてもらうことにしました。

なお、ヘタリがでても首周りの生地にほつれなどは見当たらず、丈夫なTシャツであると再認識させられました。

色物は洗濯後の臭いに注意

太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ」のベージュを長期使用していて、これだけが雨の日、曇った日に生乾きのような雑菌臭が残るようになりました。

気になるので薄い漂白剤に浸し、洗い直すも、数回の着用後は同じように匂います。

洗濯前に濡れたまま放っておくと雑菌が繁殖する、よく濡れたままの雑巾で見られる現象を疑い注意しましたが改善は見られません。

他社のベージュのTシャツを着ていないので、色に寄る特性があるのか、「太番手天竺編みポケット付き半袖Tシャツ」の白、グレー以外の色がどうなのかは未確認ですが、私のベージュは完全に部屋着以外での着用ができなくなりました。

太番手天竺編みポケット付Tシャツ | 無印良品
太番手の糸で編んだ生地を使いました。洗いをかけた風合いが特長です。綿はオーガニックコットンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました