「FINAL FANTSY Ⅶ」日記 第9日「娯楽」

(前回までの「FINAL FANTSY Ⅶ」)ゴールドソーサーに入場するための資金が足りず、周辺エリアをさまよい、1万ギルを目標にバトルで資金稼ぎ。

ゴールドソーサーに何回でも入場できるゴールドチケット購入も一度は考えましたが、ミニゲーム類があってもそんなに楽しめないだろうと、1回3,000ギルの料金を払い入場しました。

入場料金を払えました。

入場して早々、バレットの様子がおかしく、別行動に。

チョコボレースの予想ゲーム。

勝手のわからないミニゲームを各一回はやって見ようと努力はしましたが、早々に追われる身となり、ゴールドソーサーの麓、コレルプリズンに追放されてしまいました。それでもセフィロスの目撃情報や「黒のマテリア」を探しているという話を聞くことができました。

モグリーのジャンル不明なミニゲーム

コレルプリズンではバレットの過去を知ることになり、ある運命に決着がつきます。そのお陰で閉ざされた世界から脱出する機会を得る訳ですが、その展開が少々飛躍しすぎで戸惑いました。バレットのストーリーは結構よかったので、脱出までの展開が粗いのがちょっと残念。

バレットの過去が語られる。
セフィロスに関する新たな情報!

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました