HHKB カラーキートップセットでキー操作向上

HHKB「墨,刻印あり」のしっとりとしたその佇まいをとても気に入っています。

しかし、キートップに刻印があるとはいえ、グレーで印刷されたそれは、少し暗く、光量の少ない部屋では判読できないことを使い始めて知りました。

文字キーのブラインドタッチはこなせるのですが、キーボードによって位置が微妙な数字キー、記号キーは押し迷うことがままあり、特によく使う「0」や「(」はキーボードの中程でもあり、顔をキーボードに近づけて確認することが少なくありません。

「墨」、失敗したかなぁと思う瞬間です。

使用を始めて1ヶ月、いつかは手が覚えると思ってきましたが、なかなか…。数字を打つたびに手を止めることをストレスに感じてきました。

上級者が皆、手を出しているキートップ交換に手を出そう、数字キーだけでも「白」に変えてみよう、いやアルファベット26文字以外を全部「白」にしたら快適なんじゃないか、と夢想がめぐりはじめました。

Logicoolの安いBluetoothキーボードが買える値段のHHKB純正品「キートップセット」をAmazonで何度もチェックしつつ、同じ価格帯のフタこと「キーボードカバー」の方が優先順位が高いんでは?と何度も逡巡。ほんと、HHKB税は高いとため息です。

メルカリで調べると、HHKB民の先輩方が、「キートップセット」のバラ売りをしていて一個900円。「0」だけでも付け替えれば使い勝手が良くなるのだろうから…と手を出しかけて、気がつきました。

純正品の「カラーキートップセット」1,980円の無刻印に「0」を換装すればいいのでは?その思いつきを十分に吟味するまもなく、指はAmazonアプリの「今すぐ買う」ボタンをスワイプしていました。

「0」を藤色の無印キートップに変更

結果、「0」と右「shift」キーをそれぞれ換装。これにより数字キーの相対位置が把握しやすくなり、また、「delete」キーと組み合わせ多用する「FN」、文字種変更で良く使う「alt」の相対位置が分かりやすくなりました。

右「shift」キーを目立たさせ「alt」や「fn」を分かりやすく

数字キーのいずれを目立たせるかは逡巡しましたが、数字キーの中で「0」をもっとも使うこと、同キーにアサインされている「)」(左隣もよく使う「(」)を見つけやすいため、正解のようです。

数字キーすべてを買うと言う迷いはキレイに消え去りました。

Amazon.co.jp: PFU カラーキートップセット(HHKB Professionalシリーズ専用) PD-KB400KT01 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: PFU カラーキートップセット(HHKB Professionalシリーズ専用) PD-KB400KT01 : パソコン・周辺機器

コメント

タイトルとURLをコピーしました