スムージーで過ごすプチ断食

1日の中で食事をとらない時間を16時間連続で作るだけで、体重が減って、体の不調が改善すると話題の「16時間断食」。胃腸を休め、脂肪燃焼、飢餓状態による細胞の活性化を進める効果があると聞き齧り、生活に取り入れてみました。

【「16時間断食」が起こす3つの奇跡】ダイエット、“オートファジー”…やり方を伝授 | LEE
1日の中で食事をとらない時間を16時間連続で作るだけで、体重が減って、体の不調が改善する!? LEE編集部ぷーすけがその効果に感動している「16時間断食」。提唱者の青木厚先生がみるみる効果が出る理由やメカニズムを解説。試した人は必ずその変化に驚くはず! 教えてくれたのは 医学博士 青木 厚さん あおき内科

効果効用のうち、これはいいかもと惹かれたのは、ダイエット効果云々より、胃腸を休めるというもの。確かに、1日3食規則正しく食べていると、消化だけで疲れてしまうように感じていたのです。もっとも過食気味だったのかもしれませが。

オリジナルは24時間サイクルを毎日回していくもののようですが、家族との生活サイクルもあるので、勤務日のみ、それもリモートワークが推奨され歯抜けで生じる出勤日のみに取り入れることにしました。

また、自分が主たる目的は胃腸を休めることなので、まったくなにも口にしないという禁欲的なスタイルでなく、胃腸の負担が少ないものだけで過ごすということにし、どうやらスムージーが良さそうということで、色々と試してみました。

家でなく、出勤時に行うことから、スムージーを作るのではなく、コンビニで買えるものを様々にあたり、結果として食感、味わいなどの満足感、好みからカゴメの「野菜生活100 グリーンスムージー」に落ち着きました。

カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージー ゴールド&グリーンキウイMix 330ml×12本
カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージー ゴールド&グリーンキウイMix 330ml×12本

カゴメの「野菜生活100 グリーンスムージー」は常温保存が可能なのでAmazonで買い求め、会社で受け取り、キャビネットにしまい、1日の2食分をこれに置き換えるようにしました。

カゴメの「野菜生活100 グリーンスムージー」

正確にはオフィスに着いて直ぐ、その4時間後、さらに4時間後の退社前後の3回、頂いています。実にこれで過剰な空腹感はなく、1日を普通に過ごせています。飢餓状態による細胞活性化効果は期待はできないかもしれませんが、開始して10日ほど、胃腸の調子はすごぶる良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました