絵が素晴らしいのは前提だ。だが人は,作品という「モノ」にお金を払うのではない。その「物語」を買うのだ、と彼は知っていた。

絵が素晴らしいのは前提だ。だが人は,作品という「モノ」にお金を払うのではない。その「物語」を買うのだ、と彼は知っていた。そして、たくさんの画商が集まれば、自然に競争原理が働き、作品の値段も吊り上がる。ピカソは、自分の作品の“価値を価格に変える方法”、今でいえば、“マネタイズ”の方法をよく知っていたのだと思う。

なぜゴッホは貧乏で,ピカソは金持ちだったのか? 山口揚平 はじめにより

タイトルに惹かれて手に取りました。ゴッホとの比較でピカソが語られているのは「はじめに」だけと思ってください。その短い序章以降はお金に関する著者の洞察が語られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました