「彼女に何かをしたんですか?」「そう、あるいは何かをしなかった。」

言葉

「彼女に何かをしたんですか?」「そう、あるいは何かをしなかった。」

世界のすべての七月 ティム・オブライエン 村上春樹訳 p.211

同窓会とそれぞれが同窓会までひきづってきた過去、それを交互に描く。

アメリカ、それもフラワーチルドレン世代の友情や人間関係をしっくり理解することはできませんでしたが、悩む姿、悔恨などはある程度人生を生きてきた身なら多少は覚えのあることで、そこに共感できるものがありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました