それは二度と繰り返されることなく、たとえタイムマシンを使っても取り戻すことはできない

かくして我らの夏は終わっていく。それは二度と繰り返されることなく、たとえタイムマシンを使っても取り戻すことはできない。

四畳半タイムマシンブルース(森見登美彦) 第三章 ふたたび八月十二日 p.225

コメント

タイトルとURLをコピーしました