暇になったシェイクスピアが新たな傑作を

しかし、悪いことばかりでなく、ペストの時は今と同じように劇場が営業停止になり、暇になったシェイクスピアが新たな傑作を書きました。大学が閉鎖になって、ケンブリッジから故郷に戻っていたアイザック・ニュートンは、家の庭で万有引力の法則を発見したとも言われています。

池上彰 朝日新聞EduA 2021年1月10日

ペスト – Wikipedia

感染症とともに生きるとはどういうことか シェークスピアが教えてくれること:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)

ニュートンとパンデミックの関係 ペスト流行下、育まれた創造 | 月刊「事業構想」2020年11月号 (projectdesign.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました