iPhone 12 mini レザースリーブ

クリスマスに頂いたAppleのiPhone用レザースリーブ。ネットでは奇アイテム、誰得?とも語られているようですが、それを横目に「愛用」しています。

スリーブですから、取り出してすぐに画面を見ることはできません。

取り出してすぐに画面を見れないことから「不便なんではないか」という否定的な評価を生じさせているのではないでしょうか(さらに16,280円という安くない価格を払って不便を買う?という疑問も)。

結論から言うと、レザースリーブは「とてもいい」です。

もともとポケットに収まりがいいスマートフォンが欲しくてiPhone12 miniを選んだ自分にとって、このスリーブはポケットの中で収まりがとてもいいのです。

全体をカバーされるのでポケットに鍵などを一緒に入れても傷等の心配がない、カード2枚を収納できることで、電子決済中心の生活になりカードを持ち歩く目的で持ち歩いていたような感じになり下がっていた札入れを不用にし、普段の手荷物をひとつ減らせる、移動中の利用は音声アシスタントSiriで事足りているので不便ではありません。さらにデザイン、仕上がり、手に持ったときの感覚とも高い満足感。

ネットで目に付くこの製品への疑問、否定、戸惑いは、ずばり利用スタイルを取り違えているからではないか思います。パッと出して、サッと見る、いつもスマホをいじる等の利用スタイルの方には「不便」以外の何者でもない製品であることは間違いないのであって、自分のようにスマホとある程度距離を置きたいと思っている、歩きながらスマホは見ない、移動中は音声アシスタントを使う方が便利と思う、そういうスタイルであればこれは「あり」でした。

唯一不便に感じるのは、電子決済でFaceIDを必要とする際で、さすがにわざわざスリーブから出すのが億劫で、認証のいらないPASMOを多用することになってしまっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました